ホーム»Web Gallery»官公庁・団体・地域»

サーキュレーション首都高(首都高のリサイクルプロジェクト)

 

サーキュレーション首都高(首都高のリサイクルプロジェクト)

カテゴリ:官公庁・団体・地域   日付:2011年2月28日

首都高速道路株式会社が発したのリサイクルプロジェクト、CIRCULATION SHUTOKO(サーキュレーション首都高)のサイト。ルートートとのコラボレーションにより生まれた、横断幕を再利用したバッグ「HATARAKUトート」をご紹介しています。

このプロジェクト、とても素敵ですよね。首都高速道路の工事で使用された横断幕などを、そのまま捨てるのではなくバッグを製作し販売しています。再利用をしてバッグを作る試みで成功されているのが、スイスのバッググランドのフライターグ(FREITAG)が有名ですよね。輸送トラックの幌の生地や自転車のインナーチューブ、車のシートベルト等を再利用して様々なバッグを製作して、若者の中で人気のあるバッグです。

トップページは、大きめの写真が数枚ローディングするという、インパクト大なデザインになっていますが、メニューをクリックして次階層に移動した際は、こんな↑感じのレイアウトで、シンプルな感じになっています。ユニバーサルデザインというのでしょうか。紹介テキストはできるだけシンプルに少なく、イラストでわかりやすく紹介されています。このサイトのコンセプトをわかりやすく、カッコよく紹介されていますね。

高速道路工事で使用されていた横断幕を使用した後、どのようにバッグが制作されるのかが、写真とイラストで簡潔にわかりやすく紹介されています。この流れの紹介、カッコいいですよね。

実際に作られたカバンは、こんな↑感じで紹介されています。なんとも言えないオシャレさが伝わってきますね。横断幕を再利用して製作されているので、デザイン&柄はオンリーワンです。フライターグ(FREITAG)でも人気があるのは、無地よりも、文字が書いてあるものだそうです。日本語が書かれているバッグ・・・どうですか、皆さん?w

カバンをクリックすると、こんな↑感じのページが表示されます。

取り組み内容も素敵ですし、サイトデザインもわかりやすい。コンテンツ内で使用されているイラストもカッコいい。何も文句のつけようのないサイトではないでしょうかユーザビリティー面を考慮するのであれば、このサイトから直接購入できるようになってると便利ですよね。ただ、全てのカバンがオンリーワンの商品なので、柄は選べない・・・ということだと思いますので、そこらをどんな風にユーザーに伝えるのかが、難しいかもしれません。また、SEO的には各ページで同じmeta tagを使用されているので、各ページになぞったmeta tagを記載すると、より多くのユーザーにこの素敵なプロジェクトを伝えることができるではないでしょうか。

この記事のソーシャルブックマーク

この記事のトラックバック

この記事にコメントを残す